美白化粧品の人気

美白化粧品の人気を支える美白成分とは?

 

私よりご存知の方も多いと思いますが、

 

今ある美白化粧品の人気を支える美白成分(医薬部外品)

 

には様々な種類のものがあります。

 

 

美白成分の主な働きは、メラニンの生成を抑え、

 

日焼けによるシミやくすみを作らせないように予防するというもの。

 

 

もうちょっと噛み砕いていうと、

 

シミの根っこであるメラニン色素を作るための材料を減らしてやる

 

というのが、一般的な美白成分の効果のようです。

 

 

そして、美白成分の中で最も有名なのは「ビタミンC誘導体」であり

 

その効果は、メラニン色素を作る為の材料である「チロシナーゼ」

 

という酵素の働きを抑えるというものですね。

 

 

さて、肌でメラニン色素が合成されるには、その材料である

 

チロシンというアミノ酸を錆びさせる必要があり、

 

その錆を促す酵素がチロシナーゼなのです。

 

 

ですが、シミになるメカニズムの過程において、美白成分は

 

チロシナーゼの働きを抑えることでチロシンの錆びを防ぐんですね。

 

そうしてメラニンの生成を防ぐのです。

 

 

なので、チロシンが存在するだけではシミにならず

 

チロシナーゼとの結び付きがあってはじめてシミになる

 

というメカニズムなんだそうだ。

 

 

また、チロシナーゼ酵素を抑えるというビタミンC誘導体と

 

同じ働きをする美白成分はたくさんあり、

 

シミウスには、豚の胎盤由来のプラセンタエキスが

 

採用されているようです。

 

「えっ!有名なビタミンC誘導体じゃないの!?」

 

と不安に思ったアナタもいるかもしれませんが

 

プラセンタエキスには、チロシナーゼ酵素抑制効果に加えて

 

メラニンを含む角質を早くに外へ排出するという効果もあるそうです。

 

そう、シミウスに採用されているプラセンタエキスの方が

 

ビタミンC誘導体よりも凄い美容パワーを秘めているのです!