ニキビ痕のシミケア

ニキビ痕がシミになった場合のケアについて!

ニキビが出来て潰してしまった時、人によっては

 

ニキビ跡になって残る時もあるんですね。

 

 

ニキビ跡の種類には

 

 

@赤みになるモノ

 

A陥没になるモノ

 

 

がありますが、中にはニキビ跡が炎症性色素沈着を起こし

 

茶色のシミになってしまう人もいます。

 

 

実は私がそのタイプ、ニキビ跡がシミなって悩んだことがあるんですが、

 

ある2つのケアをすることで悩みが解消されたのでここでご紹介しますね。

 

 

ニキビ痕がシミになった場合のケア

 

ニキビ跡のシミって、放置しても治る場合がありますが

 

気にならないレベルになるのに2年位かかる場合があります。

 

またレーザー治療に不向きなシミなので、

 

ニキビ痕のシミにはスキンケアで対応する必要があります。

 

 

では、どんなスキンケアが良いかというと

 

ピーリングでターンオーバーをサポートしながら

 

美白化粧品を使うのが鉄板です。

 

 

まぁ、美白化粧品は良いとして、ピーリングに対して

 

良くないイメージを持っている方もいますよね?

 

肌に悪いと思っている方が意外に多いのではないでしょうか?

 

 

ですが、ピーリングは肌の為に必要なケアですし、美容家の方も

 

推奨されていますので、積極的にピーリングされてください。

 

もちろん、市販のピーリングジェルでも全然かまいません。

 

週1回を目安にピーリングすることで、ターンオーバーがサポートされ、

 

ニキビ跡のシミ改善に大いに役立ちます。