浅いシミの治療法

薄茶色くて浅いシミの治療法とは?

 

私たちが悩むシミは、老人性色素斑といって

 

日焼けや老化によってできるシミのことを言います。

 

このシミにも濃さがあり

 

@比較的色が薄くて浅いシミもあれば

 

A輪郭を帯びてくっきり濃いシミもあります。

 

 

まず、輪郭を帯びてくっきり濃いシミに対しては

 

美白化粧品で頑張らないことがオススメです。

 

もちろん、シミウスジェルで頑張るのもおススメしません。

 

なぜなら、美白コスメとはあくまでメラニンの生成を抑え、

 

日焼けによるシミやくすみを予防するものだから。

 

また、くっきり濃いシミとなると、真皮まで落ちているので

 

シミウスでは真皮までは届きませんよね?

 

 

なので、くっきり濃いシミに対してはレーザーによる治療がお勧めです。

 

シミの大きさや濃度によって値段は異なりますが、

 

一つのシミに対して1個2000円から1万円位が相場です。

 

参考にしてみて下さい。

 

治療期間は1回で終わり、再治療の場合は3か月〜6か月、

 

間隔を空けて行うそうです。

 

 

そして最も気になるのは比較的初期段階の色が薄く浅いシミ、

 

書籍などでは美白化粧品も有効だという事なので、シミウスで

 

頑張っても良いかもしれません。

 

 

ただ、初期段階のシミでも早期に対策するなら、シミウスを使いながら

 

飲み薬や塗り薬も検討してみてみるのもおススメです。

 

 

薬によりターンオーバーが促がされますので、シミが色素沈着し

 

真皮に落ち込む前にメラニンを外に出してやるんですね。

 

シミウスの深層保湿でターンオーバーをサポートするのも良いですが、

 

薬を使ったほうが早い場合もあります。

 

そして治療後は、新しいシミが出来ないようににシミウスでメラニンの

 

過剰生成を抑えていれば大丈夫なのではないでしょうか?